2019.06.06

ビジネスメールでよくある間違った敬語とは?

こんにちは!フェルクの金沢です。

 

新社会人になって言葉の使い方に困ったことはありませんか?

最近の10代、20代前半の方は、ビジネスメールを書く機会が

少ないと思います。

 

 

 

だからこそ、いざビジネスメールを書くとなると

「資料送付の依頼をしたいけれど正しい言葉遣いがわからない」

「期日を過ぎても連絡がないけれど、失礼じゃない催促メールってどう書くんだろう」

といった問題にぶつかる人もいるのではないでしょうか。

 

 

 

今回は、

 

・ビジネスメールでよくある間違い10選

・敬語Q&A3問

 

をご紹介します。

 

自分では正しいと思っている表現でも、目上の人に使ってはいけない表現もあるので、

この機会に自分が使っている敬語を見直してみてください。

 

ビジネスメールでよくある間違い10選

 

 1、了解しました/いたしました

友達同士では「了解」を使うことが多いと思いますが、

ビジネスで目上の人に承諾の意を伝えるには「承知」を使います。

 

同僚や部下に対して「了解」を使うのは問題ありませんが、

上司や目上の人には使わないように注意してください。

 

ビジネスメールでは「承知しました」という表現をよく使うので、覚えておきましょう

「承りました(うけたまわりました)」と言い換えてもOKです。

 

 2、ご苦労様です

「ご苦労様です」は目下の人に対して使う表現なので、

目上の人に対しては「お疲れ様です」を使います。

 

目上の人に「ご苦労様です」というと、失礼になるので注意しましょう。

「ご苦労様」を使うより、「お疲れ様です」を使いましょう。

 

 3、お世話様です

「お世話様です」は、「ご苦労様」という意味でも用いられるフレーズで、

お礼の言葉ではあるものの敬意が軽く失礼にあたることがあります。

 

「お世話になっております」が正しい表現です。

 

 4、〜各位様

「各位」は「皆様」という意味の言葉で、

複数人に対してのメールで一人ひとりを敬う時に使われます。

 

〜各位様、〜各位御中という間違いをしてしまいがちですが、

「各位」を使う時には何もつけません。

 

 5、御社

「御社」と「貴社」はどちらを使うべきか悩んでしまいがちな言葉ですが、

一般的に話し言葉で使うのが「御社」、書き言葉で使うのが「貴社」です。

 

ある程度親しい間柄であれば「御社」を使うケースもありますが、

初めてやり取りする場合などは「貴社」を使いましょう。

 

 6、大丈夫です

問題ない、ということを伝えたい時に、

つい使ってしまう「大丈夫です」というフレーズですが、

上から目線な印象を与えるため、ビジネスメールではマナー違反です。

 

「問題ございません」と言い換えるようにしましょう。

 

 7、すいません

「すみません」の口語である「すいません」というフレーズは、

目上の相手に対して使うと失礼な表現です。

 

また、ビジネスシーンでは、そもそも「すみません」が問題だという考えもありますので、

謝罪をする場合には「申し訳ございません」と伝えるのがベストです。

 

 8、お伺いします

「伺う」は、本来「お」を付けないで使用するため、正しくは「伺います」です。

 

最近では「お伺いします」も定着してきており、使っても問題なくなってきていますが、

やはり気になるという人もいるので正しい表現を知っておくべきフレーズです。

 

 9、よろしくお願い致します

「よろしくお願い致します」の「致します」はつい漢字で

書いてしまいたくなりますが、ひらがなで書くのが正しい用法です。

 

「致す」には、よくないニュアンスを含んでおり、

「不徳の致すところです」という風に使います。

 

10、下さい/ください

「ください」という言葉を書く際に漢字・ひらがな、

どちらにするか迷ったことはないでしょうか。

 

この2つには明確に違いがあり、漢字の「下さい」は何かを貰いたい時に使い、

ひらがなの「ください」は相手に何かをしてほしい時に使います。

 

漢字で「下さい」と書くのは「くれ」の尊敬・丁寧に表現する場合のみで、

あとは全てひらがなで「ください」と書くのが正しい表現です。

 

正しい言葉選びができるように覚えておきましょう。

 

敬語Q&A3選

 

Q1、先輩社員に、「今、何と言ったか」を尋ねる場合に言い方として正しいのは?

 

・今、何とおっしゃいましたか

・今、何と申し上げましたか

・今、何とお申しになりましたか

 

 

A. 今、何とおっしゃいましたか

相手側が目上の人の動作の場合は、「言う」の尊敬語「おっしゃる」を使います。

 

「申す」「申し上げる」は「言う」の謙譲語で、自分側の動作の場合にへりくだって

「今、(私が)申し上げた…」といったように使いましょう。

 

また、クッション言葉を用いるとより丁寧になります。

 

「恐れ入りますが、今何とおっしゃいましたか」などを使います。

 

 

Q2、先輩社員から、目を通すようにと書類を渡された。受け答えとして正しい言い方は?

 

・「拝見します」

・「見てみます」

・「ご覧になります」

 

 

A. 「拝見します」

「見る」の謙譲語は「拝見する」で、自分の動作を低めて相手に敬意を表します。

「ご覧になる」は目上の人の動作に使う尊敬語です。

 

 

Q3、先輩社員と一緒にセミナーに参加した。帰り際のあいさつとして間違っているのは?

 

・お疲れさまでした

・ご苦労さまでした

・ありがとうございました

 

A、 ご苦労さまでした

「ご苦労さま」は目上の人から目下の人にかける言葉とされています。

 

目上の方には「お疲れさまでした」が正解。

 

もちろん、「ありがとうございました」とお礼を伝えるのもいいでしょう。

 

まとめ

ご紹介したものはどれもビジネスメールで頻繁に使うフレーズばかりですので、

全て正確に使えることがベストです。

 

とはいえ、ビジネスマナーは本来「相手を不快にさせない」ためのルールです。

 

最低限のマナーは理解しつつ、相手によってどのような表現が適切か、

柔軟に使いわけられるようになると良いですね。

サービスに関するお問い合わせ・ご相談はこちら

サービスについて、またはお困りな点などお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら